• 介護給付金を翌月ファクタリング会社から受け取る

    小規模事業者や新規参入の事業者にとっては、とりわけ運転資金に苦労する局面があります。


    例えば介護の分野では、利用者の福利厚生のために自治体から介護給付金が出ていることが多いのですが、事業者の側にしてみれば、当該金額を受け取ることができるのが数ヶ月後になってしまうという問題があります。

    介護の分野は給与水準が低いなど、様々に不利な要素がありますが、介護給付金がすぐに受け取れないというのも大きな問題です。

    ところで金融サービスの分野には、ファクタリングというサービスがあります。



    これは債権を買い取って、その債権回収を代行するという事業です。



    先述の介護の分野でもこのサービスが有効に活用されるケースが増えてきています。
    つまり介護給付金をすぐに受け取れない事業者に対し、ファクタリングサービス企業がそれに相当するお金を支払い、後で自治体などからそのお金を受け取るというサービスです。

    一般に小規模または新規参入の介護事業者は、銀行をはじめとする金融サービスを受けるにも、なかなか相談に乗ってもらえないという状況があります。



    また介護サービスを提供しても、利用者が介護給付金を利用している場合は、サービスの代金のかなり大きな部分を自治体などから受け取るには、最短でも翌々月の月末になるのが普通です。

    そこでファクタリングサービスを提供する企業とビジネスパートナーとして契約すれば、サービス提供の翌月には介護給付金相当のキャッシュを受け取ることができます。


  • 科学の補足説明

    • 自立支援給付費債権は、請求をしてから2ヵ月後には支払われるものです。たった2ヶ月を待てば支払われるお金ですので、なるべく満額で受け取りたいと考えるのが通常です。...

  • 科学のコツ

    • 介護事業を営む場合には、資金繰りに窮する場合も多いです。特に新規事業所を開設する場合には、給付金が支払われるまで2ヶ月が掛かってしまい、立ち上げ当初は辛いのも実情です。...

  • 科学コラム

    • 障害者自立支援法現在の障害者総合支援法では、実施する事業に応じて自立支援給付費が受給出来ます。この自立支援給付費債権を担保とすることで、高額な資金の借り入れを行って事業拡大を図る動きが多くなっています。...

  • 科学の事柄

    • ファクタリングとは売掛金の権利を譲渡することにより資金調達を行う方法の一つです。主に中小規模の企業が事業資金の調達に困った際に利用することが出来る、最後の手段の一つとして知られている金融サービスです。...